2009年7月 8日 (水)

<440> <「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも>WIRED NEWS 2009年7月 6日

被害者の方から頂いた情報です。情報ありがとうございます。
ニュースの全文も貼り付けます。

●WIRED NEWS <「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも>2009年7月 6日
http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

≪David Hambling

Photo: U.S. Army

James Walbert氏は2008年の年末、以前の仕事仲間から、精神に作用する電磁放射の攻撃を受けているとして、これをやめさせるための裁判を起こした。

Walbert氏は、カンザス州セジウィック郡の陪審員団に対し、Jeremiah Redford氏と取り引きをめぐって食い違いが生じた結果、同氏から「放射注入」をするぞという脅しを受けたと説明した。同氏によるとその後、電気ショックの感覚、電子的に作られた音、耳の中ではじける音や鳴り響く音を感じるようになったという。

12月30日(米国時間)、裁判所はWalbert氏側に有利な判決を下し、Redford氏が「電子的な方法」による嫌がらせをWalbert氏に行なうことを禁じるという、画期的な保護命令を出した。これはまじめな話だ。

私は最近、英BBC『Radio 4』で6月20日放送の番組に参加した。番組のテーマは、『影なき狙撃者』と現実世界の関係を軽い感じで見ていき、マインドコントロールの話に現実性があるのかを検討していくというものだった。[影なき狙撃者は、邦訳早川書房刊。無意識に殺人を犯していく男性を描いた小説で、1962年に映画化。2004年には、政治に利用される形で兵士らが洗脳され記憶改変されるという形でリメイクされた(日本語版記事)]

番組で私は、いわゆるテレパシー光線銃や、脳内に直接音を発生させるシステム(日本語版記事)、「神の声」兵器(日本語版記事)など、風変わりな非殺傷兵器の概念について話をする機会を得た。

こうしたプロジェクトは、大半は研究実験か、プレゼンテーションの段階にとどまっている。しかし、法曹、政策、ビジネスの分野で、脳への電磁的な攻撃を真剣に取り上げる動きは出てきている。

Walbert氏の訴訟には、ミズーリ州下院のJim Guest議員(共和党)の支援があった。Guest議員は、RFIDチップの強制埋め込みに反対する法案など、電子ハラスメントに対処するべく提案されている立法に取り組んでいる。

ユネスコでは、電磁波がテロリストに使われる可能性を取り上げる会議が昨年開催された。また、『非殺傷兵器に関する欧州シンポジウム』では2009年に初めて、「プライバシーを侵害するような遠隔捜査と、行動に影響させる応用例」をとりあげた、非殺傷兵器の社会的意味に関するセッションが行なわれた。自分は標的になっていると信じる人たちが、少しずつ公認を得てきているのだ。

これを新しいビジネスチャンスとする人々もいる。すでに相当数の企業が進出し、「技術的監視対策」(TSCM)や、電子ハラスメントの診断調査などを提供している。

こうした企業のサービスでは、通常の盗聴器の探知に加えて、「頭痛、目への刺激、めまい、吐き気、肌荒れ、顔のむくみ、虚弱、疲労、関節や筋肉の痛み、耳鳴り」を引き起こす可能性のある、マイクロ波によるひそかな攻撃をチェックできる。

こういった症状を訴える顧客については、多くの場合その原因は、ハイテクな軍事品のような珍しいものではないだろう。しかし企業はもちろん、顧客に対してとにかく高価な保護対策を販売する。こうして、これら発展段階の技術プロジェクトへの意識は高くなっていく。これから数年間は、「電子ハラスメント」「ギャング・ストーキング」といったものを耳にする機会が増え続ける可能性が高いだろう。≫

|

2006年6月 9日 (金)

<319> 集ストについて (5) ―写真撮影と架空映像の映像送信―

「<316> 集ストについて (3)」の「トリック⑤で作り上げられた架空映像による多くの状況」を見破る方法の1つとして疑わしい人や物は写真撮影をして確認する方法があります。

ただ、これも数人に確認してもらうことをお勧めします。

理由の1つは、私のHPの「掲示板<Ⅰ>」にも2005年4月初旬に書いたことをここにも引用させて頂きますが、音声送信をテープに録音できたというテープを実際聴いてみたら何も聞こえなかったということがありました。

そのトリックもその頃書きましたが、何も録音されていないテープを再生しているときに、テープに録音していたときと同じ内容の音声を送信すると録音できていると確信してしまいます。

もちろん、この犯罪の音声送信は被害者にしか聞こえない脳内音声ですから録音できるはずありません。

ちなみに、あちこちのサイトでもこういう内容が録音してあるとMidia Playerでリンクを貼っていることがありますが、ほとんど何も録音されていないことが多いです。

これと同じようなことを音声送信だけでなく、架空の映像送信(テクノロジーで幻視を起こす事)にもする可能性があるからです。

理由の2つめは、私も実際に写真を利用して架空映像を見せられたことがあるからです。

これもこのページに大分前に書きましたが、犯人達が私にサイバーストーカーであると思わせた男性、超能力のサイトも立ち上げている男性の写真が2001年1月頃掲示板で公開されたことがあります。その顔が2001年5月から私の職場に異動してきた外注ビル清掃会社の男性の顔とそっくりだったのです。

そして、2003年2月頃、別人であると確認した後で超能力のサイトを見たら、外注ビル清掃会社の男性の顔とは似ても似つかない全然別の顔だったのです。

何度か書いている「サイバーストーカーが職場に引っ越してきたかのような状況の仕立て上げ」の準備のために2001年1月に掲示板での男性の顔写真を見たときに外注ビル清掃会社の男性の顔そっくりの映像送信をしたのでしょう。

このように、「<316> 集ストについて (3)」の「トリック⑤で作り上げられた架空映像による多くの状況」を見破る方法の1つとして疑わしい人や物を写真撮影をした場合、「写真を見たときにも、現場で見たときと同じような映像送信をされているかもしれない。」という可能性を考えて、本当に自分が現場で見たものと同じものが写っているかどうかという確認のために数人に確認してもらうことをお勧めします。

|

2006年3月 8日 (水)

<301> この犯罪による「ほのめかし」とは。

このページを読んでいる方は既にご存じとは思いますが
電磁波等による遠隔犯罪で「ほのめかし」をする方法も
結局は<299>の①②③④⑤⑥⑨の方法です。

http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_f65d.html

テレビなどで有名人が自分のことを言っているような映像送信・音声送信もです。

そして⑨について詳しく説明した項目が
<284>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_d989.html
「見るもの聞くものすべてを○○○であると(自分のことである、自分について言っていると)考えさせてしまうマインドコントロール方法」です。

これも、何度か書いている
「脳の高次機能に対する条件設定と反応設定」であり
「思考回路のジョイントを切り替えてすべて○○○に(自分に対するほのめかしに)思考が向かうようにさせられているような状態の犯罪」であり
「電磁波機器のマインド・プログラミング」であるとも言えます。

また、<299>の①②③④⑤⑥⑨は「集ストであるかのような状況」「サトラレであるかのような状況」「自宅に盗撮カメラや盗聴器があるかのような状況」「サイバーストーカーがいるかのような状況」「マスコミ・TV・有名人・出版物等が攻撃やほのめかしをしているかのような状況」「特定の個人や特定の組織・団体が犯人であるかのような状況」など「この犯罪によるあらゆる仕立て上げに共通するトリック」です。

トリックの言葉の「集スト」を他の言葉に変えれば「すべての仕立て上げ」が当てはまります。

それほど、この犯罪の「仕立て上げのワンパターンマニュアル」「多くの仕立て上げの種類を当てはめ応用しているだけ」であるとも言えます。

|

2006年3月 5日 (日)

<300> まるで魔法が解けたように集ストが無くなる。 (3)

但し、確信を得るまでは騙し続けたことも何種類かあります。
確信を得るまでは騙し続けるということも覚えておいて下さい。

この犯罪による多くの「仕立て上げ・演出」の確認方法です。

(1)「盗聴器や盗撮カメラがあり周囲の皆が我が家のことを知っていてほのめかしたり攻撃しているかのような仕立て上げ」の確認方法。

    トリック<53>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_04b2.html

(2)家族が盗聴器やカメラを付けたかのような状況の確認方法。

    トリック<54>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_01fa.html

(3)周囲の多くの人が私の掲示板での状況、サイバーストーカーにあっていること、それに関連した日々の状況を知っているかのような状態の確認方法。

    トリック<55>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_320f.html

(4)サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような仕立て上げの確認方法。

    トリック<57>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_07fa.html
        <58>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_51e9.html

(5)掲示板上の特定の人がサイバーストーカーであり、その人が複数のネームを使い掲示板で自分のことを仄めかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げの確認方法。

    トリック<59>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_5670.html

(6)ある日突然「サトラレ」になり、周囲の人達が自分の思考を知っていてほのめかしたり攻撃しているかのような仕立て上げの確認方法。

    トリック<60>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/01/post_8fcd.htmlを参考にして下さい。

ほか、私が被害に遭った10種類の「架空の状況の仕立て上げ・演出被害」です。

(7)掲示板の人達が自分のプライバシーを知っていてほのめかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げ

(8)集ストに遭い、周囲の人達が自分の事をほのめかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げ

(9)家族や周囲の人達が自分のこの犯罪被害に遭っているという状況を知っていて、ほのめかしや攻撃をしているかのような仕立て上げ

(10)マスコミ・有名人・TV番組までもが自分のプライバシーを知っていてほのめかしたり自分を攻撃しているかのような仕立て上げ

|

2006年3月 4日 (土)

<299> まるで魔法が解けたように集ストが無くなる。 (2)

「電磁波等による遠隔犯罪だけでまるで集ストに遭っているかのような状況を仕立て上げる方法・トリック」の①から⑦に3項目増やし10項目にします。

『①この犯罪は被害者の周囲の人達を思考・感情(表情も)・行動(視線も態度も言葉も)のマインドコントロールして、被害者の周囲の人達が集ストの犯人であるかのような表情・態度・仕草をさせたり、言わせたり行動させることが出来る。また、被害者あるいは双方をマインドコントロールして、タイミング良く出くわすなど、その人を集ストの犯人と確信して当然なほどの出来事を毎日引き起こすことができる。

②また、周囲の人達が何かを言っている行動だけは本物でも、内容は被害者や被害者の家庭の中でのことを知っている、言っている、反応しているような音声送信をする事が出来る。(人物や人物の行動は本物でも音声内容が架空のものである場合。)

③周囲の人達の日常の労作をしている音量だけを大きく被害者に聞こえさせ、辛辣で乱暴な態度を周囲の人達に取られたと被害者に勘違いさせることが出来る。

④ありもしない音や声を送信することが出来る。
(誰も被害者について反応したり言ったりしていないのに、言っているような声と内容を送信することができる。声は家族・知人・有名人ほか老若男女どんな声色でも送信できる。また、被害者に反応しているかのような架空の多種の音色の音を送信することができる。音声送信は声色・音色だけではなく、距離感覚・位置感覚・方向感覚・音量をどのようにでも感じさせることが出来る。)

⑤また、周囲の人達は本物でも、服装、持ち物、表情、態度等だけでなく人相(実は別人)までもが被害者に反応しているかのような架空の映像を送信することが出来る。

⑥更に、誰かが(複数でも)何かを言っているような行動の映像を見せ、言っている内容も音声送信であるという状態も作ることができる。(人物の映像も音声も架空である場合。)
不自然なほどのヘリコプターの数や追尾等の被害例ほかも、この「映像も音声も架空である場合」に含まれる。

⑦「スプレーをかけられたような音と異臭」「食べ物に異物を混入されたような苦味、異様な味」「部屋の天井からの白いガスと異臭」「自分の誕生日・電話番号・キャッシュカードの暗証番号と同じ等、奇異な共通点を感じる車のナンバープレート」等の視覚・聴覚・味覚・嗅覚の幻覚、ほか触覚(体性知覚)の幻覚も含めて五感全部の幻覚を最先端のテクノロジーで遠隔から人為的につくることができる。

⑧「家宅侵入されたような留守中の家の中の物の散乱・移動」「家宅侵入されたような留守中の家の中の傷・穴」など、物体を傷つける、穴をあける、散乱・移動させることが遠隔からできる。


(a)本来は被害者が移動した物であるが、移動したという記憶を消去して「私は移動していないのにこんなところにある。誰が置いたのだろう。」という状況を作る。
(b)また、本来は被害者がその場所に移動した物であるが、記憶をすり替え「別の場所に置いたはずなのになぜこんなところにあるのだろう。誰が移動したのだろう。」という状況を作る。
(c)あるいは、本来は元々そこにあったものを、記憶をすり替え「いつもよく置いている別の場所にあったはず。誰が移動したのだろう。」という状況を作る。
以上のような方法で「記憶の消去」や「記憶のすり替え」により、家宅侵入されて家の中の物が移動したかのような架空の状況を作ることができる。

⑩そして、何よりも当人の被害者をマインド・コントロールして、他の原因や理由による事も、自然な出来事も、ありがちな出来事も、とにかく周囲の出来事全てを「自分のことである」「集ストである」「自分に対する加害行為である」「この犯罪によるものある」と、すべてそれらに結びつけて(すべてそれに関係付けて)考えさせることが出来る能力を持っているとわかった時点から、その被害は無くなりました。』

以下の投稿も「この犯罪による集ストの仕立て上げ方」です

<130>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_1cff.html

<151>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_7fad.html

<152>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_bd4c.html

<160>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_962c.html

<161>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_8d33.html

<162>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_ea1e.html

<163>http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_b2c9.html

|

<298> まるで魔法が解けたように集ストが無くなる。 (1)

私のように、電磁波機器などを悪用した遠隔犯罪だけで「まるで集ストに遭っているかのような状況を仕立て上げる方法・トリック」が分かったら
「嘘のように集ストがなくなった。」と言う方がほかにもいます。

まるで魔法にかかっていた状態から、ある日突然魔法が解けたように集ストが無くなります。

異常な満ち潮にどっぷり浸かった心や体や環境が、引き潮になったような状態でもあります。

|

2005年1月17日 (月)

<60> 「ある日突然【サトラレ】になったかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法

(6)ある日突然「サトラレ」になったかのような状況の確認。

これも確かめる方法や言葉を考え確認できます。

周囲の人が言っていることが他人の悪口、噂話、世間話である可能性もありますので、自分がサトラレているのかなと思っても徹底してそういう聞き方をした方がいいです。

「ん?どうかしたの?」「誰かなんかしたの?」
「誰の話をしていたの?」「何の話をしていたの?」などです。

そうすると確認も出来るし
狂人扱いもされないし、攻撃も受けないし
聞き方の間違いをして周囲からの評価を落としたり白い目で見られることにより再起不能に陥ることもありません。

私も一時期サトラレかなと思える時期があって
言葉や方法を考えて確認することによって
実は違っていたと確認できました。

そのほか、色々なことの確認も
同じように言葉や方法を考えると周囲に変には思われず確認できます。

これも前に書いたような↓これらの方法の組み合わせによる「サトラレであるかのような仕立て上げ」でしょう。

①この犯人にはテクノロジーで人為的に幻視を見せたり、幻聴を起こしたり、周囲の人の言動をコントロールして、私の思考内容が洩れているかのように、そしてそれに反応しているかのように、犯人の意図することを言わせたり行動させることが出来る。

②また、誰かが何かを言っている行動だけは本物でも、内容は私の思考内容のことを知っていたり言ったりしているような幻聴を起こす事が出来る。
(映像は本物でも音声は架空のものである状態)

③更に、誰かが(複数でも)何かを言っているような行動はテクノロジーで人為的に幻視を見せ、言っている内容も幻聴であるという状態も作れる。
(映像も音声も架空である状態)

④そして、何よりも当人の私をマインド・コントロールして、周囲の出来事全てを自分の思考内容に結びつけて考えさせることが出来る能力を持っている。

|

<59> 「掲示板上の特定の人がサイバーストーカーであるかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法

(5)掲示板上の特定の人がサイバーストーカーであるかのような仕立て上げの確認。

これは本人の超能力のHPに直接メールをしました。

<51>にも書いた以下のような結果でした。

以心伝心というテレパシーのようなものやテレパシーのことですね。
これも何度か書きましたが、しばらくの間、それらによる犯罪だと思っていました。

あちこちの超能力のホームページで
超能力でも似たような犯罪が可能だとも言われました。

ただ、1人の人間が24時間超能力を使い続けることは不可能だそうです。
犯人は複数だろうと。
また、超能力などなくても電磁波などを出す機器があればできる。
実際そのような機器は存在するし、その場合も犯人は複数だろうと。

この犯罪の存在を知ったのは、何ヵ所もの超能力のHPにメールをしたり電話をして、最後に犯人であると思わされていたこの超能力者にメールをしたことによってです。

また、掲示板に書き込みをしていた超能力者がこの犯罪の犯人だったら、実名や顔写真を何枚もネットに公開したり、住所や電話番号を教えるなどのことはしないでしょう。

しかも、本当は似ても似つかない顔なのに、掲示板で公開された自分の顔写真と清掃業者の顔がそっくりであるなどという映像送信の工作などは尚更しないでしょう。
こんな事は第三者しかしません。もし本人だったら自ら犯人の正体をばらしてしまう行為ですから。

この犯人達は徹底して犯人像をごまかし、嘘の仕立て上げの上塗りをし続けてまで正体を現しません。

|

2005年1月16日 (日)

<58> 「サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法 (2)

<57>の続きです。

住まいを聞いたって、引っ越してきていれば市内や近郊に住んでいるのは当たり前。

だから、幸い私は職場のある県の出身ではなかったので
「あのー、私他県の出身で、昔世話になった方に似ていらっしゃるんですけど、どちらのご出身ですか?」と尋ねました。

もちろん確認するための嘘です。

すると、その人は生まれも育ちも市内であり、市内某町はその人が生まれた頃はどれ程発展していなかったか、どんな環境だったかから話し始めました。

犯人達がサイバーストーカーであるかのように仕立て上げたひとであり掲示板に書き込みをしていた人は、私が住んでいるところから遙かに離れた県であり地方だったので、それではっきり確認できました。

2003年2月のことです。

しかも、大分経った昨年(2004年)の後半になって、掲示板に書き込みをしていたその人のHPを見つけたのですが、撮った角度がそれぞれ違う2~3枚の顔写真を見たら、どれも以前掲示板で見た本人の顔写真にも、勿論清掃業者の人にも、どちらの顔にも似ても似つかないのです。

被害を自覚した2001年(H13年)5月より以前の2000年の暮れか2001年の1月か2月頃のことでしたが
ストーカーであるかのように仕立て上げる準備期間中に、掲示板で公開になった顔写真を見た私に
清掃業者にそっくりな顔の映像送信をしたようです。
そこまでして、仕立て上げたのです。

|

<57> 「サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法 (1)

<55>の続きです。

(4)サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような仕立て上げの確認。

これは<11> 真犯人は犯人像を徹底的に騙す。 -サイバーストーカーがいるかのような、そしてその人が犯人であるかのような仕立て上げ方-に書いた
「中でも実名に近いネームを使い超能力のHPも出している掲示板に書き込みをしていた1人を犯人に仕立て上げました。
書き込み内容が私の生活や行動にいつも一致するのです。」

ある時↑この人の顔写真が掲示板で公開になったことがあります。
それが丁度犯罪を自覚した2001年の5月に私の職場に異動してきた清掃業者の人にそっくりだったのです。

そして、1年10ヵ月不審な動きをし続けました。

・避けようとすればするほど、避けたつもりが必ず出くわしたり
・この犯罪のことを考えているときに限って必ず出くわしたり
・また、この犯罪のことを考えているとモップを壁にぶつけて「ドン!」という音を立てたり
・突然廊下の電気が消えたときスイッチのある場所から走り出てきたり
・エレベーターが誰も降りる階でないところで止まったと思ったらその人が故意に押したかのように立っていて、かといって乗るわけでもなかったり等々

とにかく、1年10ヵ月毎日何度も不審なことがありました

ほかの清掃業者の人達もその人ほどではありませんが不審な動きをし続けました。

私と清掃業者の人達、双方を思考・感情・行動のマインドコントロールしていたのでしょう。

しかし、2002年12月には盗聴器やカメラがなかったこと
周囲の人達が我が家のことを知っているような言動も真犯人達の仕業だったことが分かり
また、2003年1月頃には誰もネットのことを知らなかったこと、周囲の人達がネットのことを知っているような言動も真犯人達の仕業だった事が分かりましたので、それら清掃業者の件に関してももしかしたら一切犯人達の仕業ではないのかと考えました。

そして、掲示板上で顔写真が公開になった(真犯人達がサイバーストーカーに仕立て上げた)人の出身地を知っていましたので、それを手がかりに確認することにしました。

ちなみに、周囲の身近な人が犯人であると言う被害者が多いですが、その場合も私の場合と同じように「集ストであるかのような状況の仕立て上げ方」と「身近な周囲の人が犯人であるかのような仕立て上げ方」は似ているものと思われます。

|

その他のカテゴリー

★「サトラレ」の仕立て上げ | ★あらゆる「仕立て上げ」を見破る確認方法 | ★サイバーストーカーがいるかのような状況の仕立て上げ | ★マスコミ・TV・有名人・出版物等が攻撃やほのめかしをしているかのような状況の仕立て上げ | ★仕事の邪魔 | ★味覚・嗅覚の送信(最先端のテクノロジーで人為的につくられた五感の幻覚の2つ、味覚・嗅覚の幻覚) | ★地域・家庭・職場等での人間関係の破壊、被害者の分断方法、被害者の戦意喪失方法 | ★夢の送信 | ★家電やパソコンの不具合・異常音・誤作動・故障 | ★思考の混乱・抑制・誤作動・停止、思考の活性化、思考の早送りとスローな思考 | ★思考・感情・言動・情報・意識・感覚・意志・意欲・気配のマインドコントロール、記憶のコントロール | ★思考盗聴 | ★映像送信(最先端のテクノロジーで人為的につくられた五感の幻覚の1つ、視覚の幻覚) | ★犯人説 | ★盗聴器・盗撮カメラがあるかのような状況の仕立て上げ | ★科学技術 | ★精神神経学的な疾患であるかのような演出 | ★自分の好みや趣味が流行する、アイディアが盗まれているかのような状況の仕立て上げ | ★身体攻撃(最先端のテクノロジーで人為的につくられた五感の幻覚の1つ、触覚・痛覚やかゆみ等の体知覚の幻覚も含む) | ★遠隔犯罪による「集スト」の仕立て上げ | ★防御方法 | ★電磁波等による犯罪一般 | ★音声送信(最先端のテクノロジーで人為的につくられた五感の幻覚の1つ、聴覚の幻覚)