« 2012年7月 | トップページ

2015年3月11日 (水)

「(隣人が)電磁波犯罪と集団ストーカー犯罪を行っている」

2015年3月9日(月)に兵庫県洲本市(淡路島)で以下のような事件が起き、何度も全国ネットのニュースやワイドショーで取り上げられています。

●産経WEST(産経ニュース)
http://www.sankei.com/west/news/150309/wst1503090025-n1.html

【「電磁波犯罪と集団ストーカー犯罪を行っている」逮捕の男、ネット上で住民誹謗か

兵庫県洲本市で男女5人が殺害された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された自称、無職、平野達彦容疑者(40)について、近くに住む人は「(平野容疑者は)インターネット上で人の批判を繰り返していた」と話した。平野容疑者が、近隣住民に一方的に敵対感情を抱いていた可能性が浮上している。

 ネット上のフェイスブックやツイッターでは、洲本市の現場近くに住む「平野達彦」と名乗る人物が、現場周辺の住宅地図を表示したスマートフォンの画面を掲載した上で、「各地で、電磁波犯罪と集団犯罪を行っている」「集団ストーカー犯罪とテクノロジー犯罪の側です!」などと書き込んでいた。

 このほか、「平野達彦の所有物のインターネットドメインを奪うのと、平野達彦と平野達彦の家族と親戚(しんせき)をいいなりにする為(ため)と、世界の人々への告発を妨害する為に、ギャングストーキングと電磁波犯罪を徹底して行っている」などと近所の住民を名指しで誹謗(ひぼう)中傷していた。

●時事通信(YAHOO!JAPANニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150309-00000094-jij-soci

【被害者一家、ネットで中傷か=ツイッターに「人類の敵」―逮捕の男・淡路島5人殺害

兵庫県・淡路島の洲本市中川原町の民家2軒で男女5人が殺害された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された平野達彦容疑者(40)のものとみられるツイッターに、被害者一家を「人類の敵」などと一方的に敵視するような内容の文章が投稿されていたことが9日、分かった。
 県警によると、死亡した5人は、平野毅さん(82)と妻恒子さん(79)。平野浩之さん(62)と妻方子さん(59)、母の静子さん(84)。
 このツイッターには、浩之さん方の地図や住所を示し、「ストーキングと電磁波犯罪を徹底して行っている」などと中傷する書き込みもあった。投稿の多くは意味不明で、県警は責任能力の有無や事件との関連を慎重に調べる。同容疑者には妄想性障害があるという。
 近隣住民によると、平野容疑者は以前から自宅に引きこもりがちで、インターネット上に浩之さんらを攻撃する書き込みをしているとうわさになっていた。同容疑者とみられる人物のツイッターには、浩之さん一家や近隣住民の実名を掲載し、中傷するような意味不明の投稿が相次いでいた。 

但し、この2つのニュースは私達が被害を受けている犯罪名を出している方で、他社では出しておりません。ニュースやワイドショーでも私が聞いた限りでは耳にしていません。
また、統合失調症や妄想性障害という言葉が出ているサイトもあります。

精神疾患と結び付けられることもなく、私達が被害を受けている犯罪名が公になることを切に願います。

|

« 2012年7月 | トップページ