« <435> 今更ながらであり突然の、近隣者が犯人であるかのようなマインドコントロール | トップページ | <437> よく物を紛失する被害について »

2008年12月26日 (金)

<436> 人が見ている物をコンピューターで画像として再現することに成功

被害者の方から頂いた情報です。情報ありがとうございました。

<夢の映像化も可能に? 人が見ている画像を脳活動から再現、ATRなどが成功>
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/12/news010.html

見ているままの状態を動画で再生することにも成功し、夢を見ているときや、頭の中で映像をイメージしているときも、視覚野は活動すると考えられているからATR脳情報研究所の室長は「夢を読み取って画像化することも、荒唐無稽(むけい)なことではない。」と話していると書いてあります。

下方に貼り付けた画像は産経新聞(12月11日10時28分配信)の画像です。

被害者の会のアンケート統計:2007年7月集計<見えないテクノロジーによる被害>の
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/kathudou/annketo_toukei/Technology_higaikoumoku/04ankeet01.html
№7  不自然な夢   103人(アンケート回収人数200人中 :51.5%)
№23  映像が見える    76人(アンケート回収人数200人中 :38.0%)

を見てもわかるように、既に何年も前から以下の技術は完成していることがわかります。

(1)人の視覚情報を受信しコンピューターで画像として再現できるだけでなく
(2)色々な画像を(ファイルとして保存してあるものを加工して)、人にワイヤレスで送信できる。
   しかもその種類は
    a 人が実際に何かを見ている時のような映像を送ることができる。
         b 人が映像を想像している時のような脳内映像を送ることができる。
         c 眠っている時には、人が夢を見ている時のような脳内映像を送ることができる。

<追記>

但し、不快な夢や良からぬ夢に対しては

今まで何度か書いてきた、この犯罪のほとんどの加害方法に共通するマニュアルの1つである

①数回あるいは一時期徹底して○○○をやってみせる。あるいは○○○であるかのような架空の状況をつくってみせる。

②全部○○○であると考え解釈するようにマインドコントロールをする。

③①など全くしなくても労せずして、自然な事やありがちな事や加害行為ではない事全部を○○○であると考え解釈させ続けることができる。

この○○○の中にほとんどのこの犯罪の加害行為が当てはまります。このマニュアル1つで多くの犯罪ができるとも言えます。

という事をするようになるのも常套手段です。

2008121100000516sansociview000_3

|

« <435> 今更ながらであり突然の、近隣者が犯人であるかのようなマインドコントロール | トップページ | <437> よく物を紛失する被害について »