« <429> 多少でも加害内容を変えた場合や効果がない加害行為の場合の極めてワンパターンなマニュアル | トップページ | <431> 根拠(理由)と確信を持ってあらゆる物事を関係付けて考えさせるテクノロジー »

2008年6月 9日 (月)

<430> 朝日放送日曜午後7時58分放送「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」

下にリンクを貼った「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」において

http://asahi.co.jp/kinmirai/

2008年3月9日にも

「東京・調布市 電気通信大学知能機械工学科 知能ロボット分野」の研究室における「脳波を読み取り念じるだけで機械が動く、ブレイン-マシンインターフェース(Brain-Machine Interface BMI:脳動制御)」について放送していました。また、「玉川大学 脳科学研究所」の研究についても放送していましたが、6月8日には脳指紋について放送していました。本人が忘れていた記憶でも脳内に保存されていて、その記憶と一致することがあるとP300という脳波が現れるのだそうです。

2008年3月9日放送「念じるだけで機械が動く!」

「BMI.mht」をダウンロード

2008年6月8日 放送「これで難事件を解決!脳指紋を読み取る博士がいる!」

「nousimon.mht」をダウンロード 

脳指紋

2003年、アメリカ。
殺人事件の容疑者が25年間の服役後、無実を言い渡された。
その決め手は脳指紋。

脳指紋とは?

記憶は撮影した写真をアルバムに貼るかのように脳に保存される。
次に新しい事に出会ったとき、脳はアルバムをめくるかのように古い記憶内に無いか照合する。
脳に蓄積された記憶と外からの刺激が合致すると、P300という脳波が現れる。この脳波を脳指紋と呼ぶ。
つまり過去に経験した事がもう一度繰り返されていれば必ず脳指紋は出る。
アメリカの事件では容疑者に現場を見せても脳指紋がでなかったため無罪になった。

脳指紋の第一人者 柿木隆介氏

愛知県岡崎市、自然科学研究機構生理学研究所に脳のスペシャリストとして脳指紋を世界で初めて発見した博士がいる。柿木隆介教授。
ほぼ100%の確率で、その人が見たものを当てる事が出来る。
一般の人に協力してもらい、脳指紋計測による実験を行ったところ全問言い当てる事が出来た。

ポリグラフと脳指紋の違い

生理的な変化を測定するポリグラフは、極度の緊張状態にある人や罪悪感が全くない被験者には効果がない。
脳指紋は脳に存在する記憶に直接反応するためこのポリグラフの弱点をカバーし、高い精度で真実を突き止める事が出来る。

科学捜査としての脳指紋

脳指紋にはCIAやFBIが高い関心を持っており、テロリストを見つけるために使われていると言われている。
脳指紋の前で犯人に逃れる術は無い。
脳指紋によって犯罪が減る、そんな日も近いのかもしれない。』

以前にもリンクを貼りましたが、脳指紋について、更に最先端でこの犯罪に利用されている内容に最も近いサイトです。

「バイオ・フュージョン: 進化したマインド・コントロール」

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/Bio-Fusion_New_Improved_Mind_Control.htm

脳指紋法に関するWIREDVISIONのニュースです。

「脳波測定でテロリストを見分ける? :2001年10月11日」

http://wiredvision.jp/archives/200110/2001101101.html

|

« <429> 多少でも加害内容を変えた場合や効果がない加害行為の場合の極めてワンパターンなマニュアル | トップページ | <431> 根拠(理由)と確信を持ってあらゆる物事を関係付けて考えさせるテクノロジー »