« <428> 月刊誌『選択』4月号:「軍事転用される電磁波の恐怖」 -人の心も通信も操る非殺傷兵器 | トップページ | <430> 朝日放送日曜午後7時58分放送「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」 »

2008年5月21日 (水)

<429> 多少でも加害内容を変えた場合や効果がない加害行為の場合の極めてワンパターンなマニュアル

身体攻撃にしても、音声送信にしても
http://plaza.rakuten.co.jp/cosmos22aa/のようなあからさまな思考の送信にしても
それぞれの加害内容を多少でも変えたとき必ず

①新たな加害行為と
②その新たな加害行為を苦痛と感じるような身体攻撃
(これはすぐには認識できない種類の身体攻撃です。)
③「苦痛だ。」「ひどい。」「つらい。」という思考の送信
(これもこの犯罪の思考の送信方法に気付いていてもなかなか認識しにくい漠然とした「苦痛だ。」「ひどい。」「つらい。」という考えや思いです。)
④「苦痛だ。」「ひどい。」「つらい。」という感情の送信

これら①から④を同時にしています。

音声送信や思考の送信で多少言葉の内容を新たに変えただけの時でさえします。

その多少目先・小手先・内容を変えただけの新たな言葉に被害者が慣れてくると②から④はやめ①だけするようになります。

そしてまた多少でも違う加害行為に①から④を始める。この繰り返しのようです。

なぜ、これに気づいたかというと、例えば

内容が両極端すぎてどちらも適切でない思考の送信のように
ワンパターンマニュアルに内容の違うものを何十種類も当てはめているだけのような加害行為が続き、また別のワンパターンマニュアルに内容の違うものを何十種類も当てはめているだけのような加害行為が続く。そしてまた別のワンパターンマニュアルに内容の違うものを何十種類も当てはめているだけのような加害行為が続く。

このワンパターンマニュアルだけでも何十種類もあるようですが、それぞれのワンパターンマニュアルに内容の違うものを何十種類も当てはめているだけのような加害行為なのに、なぜかその都度苦痛を感じる。
「何をしているから苦痛を感じるんだろう。」と自分の被害を客観的に分析してみて気付きました。

①の(a)多少でも加害内容を変えた場合
だけでなく

①の(b)本来苦痛を感じるはずのない程度の加害行為の場合

①の(c)あまりにもワンパターンすぎて、長年の間には苦痛を感じなくなった加害行為の場合

①の(d)マニュアルやノウハウがばれてしまって、大分前から効果がなくなった加害行為の場合

これらすべての加害行為に②から④を付随させてまでも、被害者が苦痛を感じているかのような状況さえもつくります。

とにかくどれ程ワンパターンな加害行為でも苦しめたいようです。

これに気付くと私に対してはhttp://plaza.rakuten.co.jp/cosmos22aa/を見てもお分かりのように、あからさまに加害者の思考の送信であると分かるように上記③などは「あ~、シンドイわぁ~。」などという、私が決して使わないような言葉の思考の送信をして、まるで私の考えであるかのように脳裡に浮かばせます。その次には「あ~、助けて助けて、お願いよう~。」などという言葉の思考の送信をして、まるで私が心の中で言っているかのように脳裡に浮かばせます。ここまで卑劣で悪質です。

|

« <428> 月刊誌『選択』4月号:「軍事転用される電磁波の恐怖」 -人の心も通信も操る非殺傷兵器 | トップページ | <430> 朝日放送日曜午後7時58分放送「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」 »