« <420> 果たして『人工知能に保存された人間の「ライフログ」における「エピソード記憶」の悪用』だけか | トップページ | <422> 直接の加害相手がマシンの場合、これらの仮説・推論は覆る。 »

2007年11月23日 (金)

<421> 「直接の加害相手がマシンではなく人間並みの知能や感情がある人間であるふりをする」方法

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」が、11月3日に認証通知(11月1日付)を受領し、11月8日に登記手続きをし、正式に「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」として設立したようです。(11月8日が登記簿上の設立日)

*               *              *                *               *      *                *               *

<371> 今まで書いてきた「私達の会話やマインドコントロールの直接の相手は主にマシン(人工知能)である。」の参考サイト (2)<383> 人工知能の機能の一部 (2)にも引用しましたが

チューリング・テスト

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88

『チューリング・テスト (Turing test) とは、アラン・チューリングによって考案された、ある機械が知的かどうか(人工知能であるかどうか)を判定するためのテストチューリングテストを機械が意識しているか、機械が理解しているかの基準とする考えもある

実際には、見識のある人間の判定員とそれから隔絶した場所に判定したい機械と本物の人間を用意し、(機械が音声や仕草まで模倣する必要を避けるため)キーボードを使って会話をしてもらう。そして判定員は判定対象にどんな質問をしても構わない。もちろん判定される対象はきちんと回答してもよいが、適当なことをいったり無視しても構わない。そうして、もしも判定員が機械を人間だと取り違えれば、その機械は十分知的な存在であると判定される。 この中で、隔離された人間は判定員に人間であると確信させようとすることはもちろん、機械も人間らしく思わせるためにいろいろな人間の模倣を行う。具体的には、わざと質問をはぐらかす、間違った回答を示す、答えるまでに余分に時間をかけるなどである。

このテストではしばしば、そこまで知性を備えていないコンピュータプログラム(精神科医のプログラムが有名)でも人間をだますことが可能で、テストによればそういったものも知的存在と判定されるべきであるが一般には認められていない。(このような一見人工知能のように見えるものをサールは"弱い人工知能"とした)

これと同じように、この犯罪において「相手がマシンではなく知能や感情がある人間であるふりをする」方法は数多くあるようです。以下にその数例を挙げます。

1.<359> 「被害者感情を更に逆撫でるための言葉」にもなり得る「図星で言われたときの言い逃れ言葉、ごまかし言葉、開き直り言葉」

このマシーンには「図星で言われたときの言い逃れ言葉、ごまかし言葉、開き直り言葉」がたくさん入っているらしい。

被害者に何かを図星で言われたときには必ず出てくる言葉。それは多数ありますがそれぞれが全部ワンパターンで、被害者の思考や言葉の内容に応じてそれぞれ同じ言葉が何十回も何百回も出てきます。

「図星で言われたときの言い逃れ言葉、ごまかし言葉、開き直り言葉」に限らず
この犯罪において、ワンパターンな言葉は本当に判で押したように同じ言葉が何十回も、長年になると耳にタコができるほど何百回も出てきます。保存してある多数の言葉を被害者の思考や言葉の内容に応じてそれぞれ何十回も何百回も再生しているような状態です。

ちなみにこの「被害者の思考や言葉の内容に応じてそれぞれ同じ言葉が何十回も何百回も出てくる。」ことも被害者の「脳の高次機能に対して《条件設定》と《反応設定》」をしているから、被害者の同じような思考や言葉の内容に対して同じ言葉が出てくるのであると考えられます。

また、この「図星で言われたときの言い逃れ言葉、ごまかし言葉、開き直り言葉」は、考えようによっては、「この相手はマシンではなく、被害者に何かを言われて悔しいという感情がある人間である振りができる言葉」とも言えます。

2.<420> 果たして『人工知能に保存された人間の「ライフログ」における「エピソード記憶」の悪用』だけか

(a)<378> 反論と反論理由が次々と勝手に脳裡に浮かぶ ―被害者の知識や記憶や経験や考えを脳内検索し、犯人の思惑通りの特定の結論に導かせる思考回路の設定 (4)―に書いたような多くの「脳内独りディベート状態」をつくることができる。

(b)多くのことに次から次へと反論できる。この場合も多くの事についての多くの反論理由のほとんどが被害者の過去や現在の知識や記憶や経験や考えである。しかもあまりにも微に入り細にわたり被害者の過去や現在の知識や記憶や経験や考えが出てくる。

(c)さらには、機器の能力をひけらかすかのように、明らかな嘘、見え透いた嘘、明らかに正反対な内容、明らかなデタラメにさえも徹底して理由付けをしようとするし可能である。徹底して、嘘や正反対な内容やデタラメでは無いかのように反論や理由付けができる。この場合も多くの事についての多くの反論理由ほとんどが被害者の過去や現在の知識や記憶や経験や考えである。しかもあまりにも微に入り細にわたり被害者の過去や現在の知識や記憶や経験や考えが出てくる。マインドコントロールのノウハウについてばれてしまうと、これ程のことまでしてみせます。

これらのことは「人工知能に保存された人間のライフログの悪用」だけでは不可能であろうと考えられるほどです。

また、(c)はともかく(a)(b)のような場合は、この音声送信やマインドコントロール相手に人並みの知能があるかのような状態になります。

3.<171> 音声送信の被害例<347> 犯人達の言葉の種類に書いた
被害者の思考にアレンジして、加害者の考えや言葉であるかのような表現や文体にして、色々な声色で送った場合。

例えば

・「忘年会は19時からだから」と考え、「早く行かなければ」と考えるか考えないかのうちに「早く行きゃあがれ!」と音声送信をする。

のように、被害者の、この例よりははるかに高度な多くの思考内容を加害者の考えや言葉であるかのような表現や文体にアレンジして送ると相手に人並みの知能があるかのような状態になります。

4.「人工知能にプログラミングした、被害者の脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》」の例にもなりますが
例えば「史上最悪の犯罪マシンにされた者達の犯罪」のような種類の言葉、加害者の最悪最低な実態なのですが加害者にとっては自分達の悪口になるような被害者の多くの言葉に対して(「条件設定」)

・罵声、揶揄、、誹謗中傷、脅迫などの言葉を出す。

・家中のいたるところから爆音を立てたかのような音声送信をする。

・多種の身体攻撃をする。

(・同時に、恐怖心のマインドコントロールもする。)

などの「反応設定」をして代わる代わる送る。

この方法により「この相手はマシンではなく、被害者に何かを言われて悔しい、腹が立つという感情がある人間である振り」ができます。

5.ネットに書き込み、会に参加、ほか多くの被害者の考えや感情や言葉や行為に対しても(「条件設定」)

・罵声、揶揄、、誹謗中傷、脅迫などの言葉を出す。

・家中のいたるところから爆音を立てたかのような音声送信をする。

・多種の身体攻撃をする。

(・同時に、恐怖心のマインドコントロールもする。)

などの「反応設定」をして代わる代わる送る。

これらの方法により、「この相手はマシンではなく、怒りの感情がある人間である振り」ができます。

さらには
「ある一定の被害者の考えや感情や言葉や行為に対して、一定の言葉や攻撃が必ず出てくる状態」であると「人工知能にプログラミングした、被害者の脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》」であるとばれてしまったため

「相手が人間であり」「その都度思考盗聴して攻撃しているかのように見せかける」ために「一定の言葉や攻撃が時々出てくる状態」にし
②その上で念を入れて「今の言葉や攻撃は、(多くの加害行為が自動、時には、加害内容によっては全自動犯罪機器ではなく)その都度思考盗聴して反応したらしい。」という考えと
③「確信の感情」まで送ります。

ちなみに
<244> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★ (1)
<245> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★ (2)
<246> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★に何故気付いたか。 (1)から
<250> ★脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》★に何故気付いたか。 (5)のように

「被害者の脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》」になぜ気づいたかという多くの投稿や例を挙げなくても

「相手が人工知能」であり「人工知能の技術」がどれほど進んでいるかわかっただけで「人工知能にプログラミングした、被害者の脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》」による加害であるわかりますね。

6.「4.」のような『加害者の悪口になるような被害者の多くの言葉』を何度も被害者に言われると、それが何種類あっても録音あるいは保存されたような状態になります。その録音された言葉を再生でもするかのように、被害者がよく言う言葉を

(1)マインドコントロールで被害者に言わせた上で
あるいは
(2)テレパシーでも送るように思考の送信をして、被害者の脳裡に浮かばせ
被害者が「加害者の悪口になるような言葉」を考えたかのような状況を加害者自身がつくっておきながら

・罵声、揶揄、、誹謗中傷、脅迫などの言葉を出す。

・家中のいたるところから爆音を立てたかのような音声送信をする。

・多種の身体攻撃をする。

(・同時に、恐怖心のマインドコントロールもする。)

という自作自演の2重(2種の犯罪を連続でする)犯罪の場合でも
自作自演であり、どちらも加害者のしわざであると気付いていない被害者に対しては「この相手はマシンではなく、被害者に何かを言われて悔しい、腹が立つという感情がある人間である振り」ができます。(<186> 犯罪の口実<190> 自ら自分達の最悪最低な実態を言うことにさえ慣れている。むしろそれを犯罪に悪用さえもする。にもあり。)

|

« <420> 果たして『人工知能に保存された人間の「ライフログ」における「エピソード記憶」の悪用』だけか | トップページ | <422> 直接の加害相手がマシンの場合、これらの仮説・推論は覆る。 »