« <388> 人体のアンテナは皮膚である。(2) | トップページ | <390> 人間の意図を正確に汲み取ったり、人間との過去の体験を思い出したりできるコンピューター (1) »

2007年4月24日 (火)

<389> 人間の脳の情報収集か、ほぼ完成した機器の試験(人体実験)か、犯罪のための犯罪か。

<357> 人工知能(ニューロコンピュータ、バイオコンピュータ)さえもその極一部の機能であるニューロフォン(神経通信)等でほとんど説明が付く。

<370> 今まで書いてきた「私達の会話やマインドコントロールの直接の相手は主にマシン(人工知能)である。」の参考サイト (1)

<371> 今まで書いてきた「私達の会話やマインドコントロールの直接の相手は主にマシン(人工知能)である。」の参考サイト (2)

<380> 検索と検索用語、プログラミングとプログラミング言語 ―被害者の知識や記憶や経験や考えを脳内検索し、犯人の思惑通りの特定の結論に導かせる思考回路の設定 (5)―

<382> 人工知能の機能とその一部である検索と検索用語、プログラミングとプログラミング言語 ―被害者の知識や記憶や経験や考えを脳内検索し、犯人の思惑通りの特定の結論に導かせる思考回路の設定 (6)―

<383> 人工知能の機能の一部 (2)

<384> 人工知能の機能の一部 (3)

<385> バイオコンピュータと人工知能

<386> <373>から<385>の投稿の趣旨の要約

無差別に不特定多数の一般市民に対する、これらのようなこの犯罪の目的は

(1)人間の脳を含めた人体の「解剖生理学的」・「生化学的」・「病態生理学的」・「脳神経学的」・「精神神経学的」・「心理学的」・「人間工学的」・「遺伝子学的」な情報収集

(2)ほぼ完成した機器の試験(人体実験)

(3)犯罪のための犯罪

主にこの3種が考えられます。

犯人によっては(3)の場合もあるでしょうし、台湾国防省陸軍中佐であるアラン・ユーさんのHPによるとhttp://members.aol.com/alanyu5/
陸軍中佐として台湾国防省(国防部)に勤務していた頃、国防省から回ってきた極秘文書は、台湾軍警察省がアメリカから思考リーディング・マシンを購入しており、マシンが故障し、その修理のための部品をアメリカ側に要求するものだった事や、
警視庁のヘッドクオーターや台湾軍警察省、国家保安調査局等の台湾保安関係者さえも、機器の前に座ると別人のように一般市民を攻撃する様子や日々の言動が具体的に書いてあります。
(日本語訳のサイトより引用)

もしかしたら「(4)国防、国民の監視、犯罪防止、テロ防止」などが本来の目的であったが、正反対に悪用して「ミイラ取りがミイラになる」という諺のように、本来犯罪を取り締まる者達が犯罪を取り締まるために使用していたが、最悪に悪用して自分達が最悪の犯罪者になってしまった。そういう意味では(4)は、この犯罪の目的とはなり得ません。この場合も(3)です。

また、ネット上に書いてある「宗教上の勧誘や拡大、脱会者や邪魔者の排除」や
「ワンワールド計画」http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30699388など、(3)を具体的に書くと簡単に一括して表現はできませんが、便宜上(1)(2)以外の目的は全て(3)であることにします。

身体攻撃については、研究・開発途上と言うよりも既にほぼ完成しており(2)(3)であると考えられます。

音声送信やマインドコントロール、また身体攻撃のタイミングを合わせるために悪用している人工知能でも、既製の機器を購入して使用している組織であれば、(2)(3)でしょうけれども

いかに極秘最先端技術といえども、未だ研究・開発途上である技術は
(A) 人工知能を「人工知能よりもはるかに膨大な容量で、はるかに精密であり、はるかに高性能」な人間の脳に限りなく近づけること
(B) そして、認知する・読解する・推論推察する・意識する・考える・学習する・感じる(感情を持つ)等、より「人間らしく」することでしょう。
これについては組織によっては、目的が(1)である場合もあり得ると考えられます。

人工知能を(A)(B)の目標に近づけるために、インフォームドコンセント無しで、無許可で違法な「脳を含めた人体の情報収集」を遠隔受信・遠隔送信している場合もあり得るということです。あくまでも犯人説の推論の1つにすぎませんが。

その、まだ情報収集段階であり、研究・開発途上であるという参考例が下記のサイトです。

もちろん「20Q」等は比較にもならないほどの例ですが、サイトの文章が参考になります。

「ソレハ イキモノ?」――ブログが鍛えた人工知能「20Q」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/25/news038.html

人工知能のテストデータ集め

『20Qの人工知能は、回答データを学習するほど賢くなっていく。正答率を6割に上げるのに必要なのは、10万人分の回答データ。』

人間並みの人工知能をみんなで育てよう(上)

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20000905302.html

『あなたのお知恵をちょっと拝借これはよくあるお願い。「拝借」するどころか、どんどんつぎ込んでもらいたいというのが、クリス・マッキンストリー氏だ。

人の頭の中にある数々の事実をもとに、マッキンストリー氏は「究極の平均的な人間」を作ろうとしている。みごと完成したあかつきには、その「平均的人間」を貸し出し本物の人間に代わっていろいろな考え事をさせようというのだ。』

『コンピューター科学者で人工知能の専門家であるマッキンストリー氏は、この画期的な人工知能プロジェクトを進めている無数のウェブサーファーの知力を活用して、人間にきわめて近い思考のしかたをコンピューターに習得させようというのだ。

このコンピューターは『GAC』と名付けられている(ジャックと発音する)。『一般人工意識』(General Artificial Consciousness)の頭文字だ。マッキンストリー氏の目的は他でもない、人工物に意識を持たせるつまり自力で人間のように思考できるコンピューターを創造することにある。』

人間並みの人工知能をみんなで育てよう(下)

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20000906303.html

『マッキンストリー氏は、膨大な数のマインドピクセルを蓄えれば、ジャックは人間の思考を模倣できるようになると考えている。そのためにジャックはいったいいくつのマインドピクセルを必要とするか、マッキンストリー氏にもはっきりとはわからないが、おそらく1億以上だろうと推測している。』

『マッキンストリー氏は、数億個のマインドピクセルは、人間の精神をコンピューター的に「圧縮」したものと見なせると考えている。そうすれば、ちょうどMP3プレーヤーが、欠けているデータを近似的に推定することで圧縮ファイルを復元して音を再生するように、ジャックも、思考するよう命じられたときには、必要なマインドピクセルを「補充」することによって人間の思考に近いものを導き出せるだろうというのだ。』

(サイドバーに「ニューロコンピュータ」「バイオコンピュータ」「人工知能」の関連サイトのリンクがあります。)

|

« <388> 人体のアンテナは皮膚である。(2) | トップページ | <390> 人間の意図を正確に汲み取ったり、人間との過去の体験を思い出したりできるコンピューター (1) »