« <379> NPO設立総会、本日全議案可決成立  | トップページ | <381> 音声解析までの手順:「インストールマニュアル」他 »

2007年4月 3日 (火)

<380> 検索と検索用語、プログラミングとプログラミング言語 ―被害者の知識や記憶や経験や考えを脳内検索し、犯人の思惑通りの特定の結論に導かせる思考回路の設定 (5)―

どれ程数多くの色々な考えに反論しようとも、犯人の反論内容や反論理由である

(2)「Bという考え」「Bという考えの理由」や(4)「Dという考え」「Dという考えの理由」には以下のような共通点がありました。

<反論内容の共通点>

①被害者が過去に考えたこと ②過去に体験した出来事 ③過去に見聞きした知識 

これらの記憶

<反論理由の共通点>

①被害者が過去にその考えを持つに至った理由 ②被害者が過去に体験した時に考えたこと  ③被害者が過去に見聞きした知識の裏付け ④犯罪マニュアル言葉として既に人工知能に保存されているであろう多くの種類の同じ言葉、ワンパターン会話

毎日毎日、1つ1つの出来事や考えについて反論と反論理由を次々と勝手に脳裡に浮かばせ、反論の相手も自分自身であり、反論の理由も自分の知識・思考・体験・経験・記憶等から得られたものであるという、被害者の頭の中で「独りディベート状態」をつくる方法は次の≪Ⅰ≫≪Ⅱ≫の2つの方法が考えられます。

≪Ⅰ≫以下のような人工知能に保存された被害者の「ライフログ」から、反論に必要な知識・思考・体験・経験・記憶等、また被害者がそれらから得られた反論理由を検索・抽出する。

「米国防総省の『ライフログ』プロジェクト、真の目的は人工知能構築」

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20030731303.html

『一連のプロジェクトのうち、一番知られているのは『ライフログ』プロジェクトだ。激しい物議を醸したこの計画(日本語版記事)は、個人についてのあらゆる情報(日本語版記事)ある人物が見たもの、行った場所、感じたことまですべてを記録しデータベース化することを目的としている。収集された情報はつなげられ、関係や出来事、経験をたどるべく脈絡を与えられることになっている。』
『人間は、経験した出来事にキーワードのタグを付けたり、雑然とデータベースに入れたりなどはしない。人間の場合、たとえば「大学」や「初めてのデート」「先週の木曜日」という具合に、自分たちの生活を場面ごとに巧みに分類する。研究者はこれを「エピソード記憶」と呼んでいる。
 ブラッチマン室長によれば、ライフログはエピソード記憶をコンピューターに持たせようとする試みだという。機械に「バミューダでの休暇、空港までタクシーで移動する、というように、人間がごく常識的に行なっているやり方で経験を記憶させ」はじめようとしているのだ。
PALは蓄積したエピソード記憶を利用でき、その過程で自己学習していく能力を持つとされる。』
『今必要なのは、その都度新たにプログラミングをしなくても、自ら新しい機能を学習できるコンピューター・システムだと、ブラッチマン室長は述べる。コンピューターは、そのユーザーの好みの作業スタイルに順応し、攻撃を受ければそれを察知し、対応策を考え出せるようになるべきだ。人体の免疫機能のように、あるいは戦場に立つ司令官のように。
 だが、より人間らしく行動するためには、ちょうど人間がそうするように、コンピューターも自分で経験を積み吸収しなければならない。自身の生き様を記録したカタログを作らなければならない。それこそが「ライフログ」なのだ、という言い方もできる。』

|

« <379> NPO設立総会、本日全議案可決成立  | トップページ | <381> 音声解析までの手順:「インストールマニュアル」他 »