« <331> 犯人像の仕立て上げ | トップページ | <333> 機器の機能の一部 (2) »

2006年8月 1日 (火)

<332> 機器の機能の一部 (1) 

体験的推論ではありますが機器の機能について今まで何度か書いてきたことをまとめておきます。3~4年前からその能力をひけらかすかのように全部あからさまにやっています。

被害の程度や種類によっては、同じ被害者でも私が書いていることを理解できない方が多いでしょう。特にこの機器によるマインドコントロールについて、被害を受けながらも客観的にそのノウハウについて分析できるほど「被害に遭いすぎるほど遭っている」状態にならないと理解できないかもしれません。

「この犯罪の被害者になった最初からマインドコントロール犯罪も必ず併用されている。」と何度か書きましたが、被害者が気付かないうちは気付かれないように、しかしマインドコントロールのノウハウまでばれると今度は全部あからさまに「被害者感情を逆撫でるためにわざと」「被害者に分かるような方法が多くなる。」「故意に分かるような内容を多くする。」ようになります。全部あしらっていますが空恐ろしい犯罪です。

〔1〕マインドプログラミング

プログラマーがコンピュータ・プログラムを作成するように電磁波機器は脳の高次機能である思考や言語(思考中の言語も含む)や記憶等に対して多種の設定ができる。

a.ある種の思考のカテゴリーに対して多種の言語(思考中の言語も含む)や感情が設定してある。その結果色々な思考のカテゴリーに対して、それぞれ多種の音声や感情の送信が可能である。無音声の言語や文章、つまり脳裡に浮かぶという思考のマインドコントロール用の言語や文章や感情も設定してある。

b.ある種の言語(思考中の言語も含む)に対してある種の思考のカテゴリーや感情が設定してある。

c.ある種の言語(思考中の言語も含む)に対して数種~多種の言語(思考中の言語も含む)や感情が設定してある。

d.ある種の思考のカテゴリーにある種の思考(のカテゴリー)や感情が設定してある。

これが大分前に書いた「脳の高次機能に対する《条件設定》と《反応設定》」です。被害者によっては脳に対する「植え付け」とか「焼き付け」という表現をしていますが、それらも同じような意味でしょう。

abcdそれぞれの具体例も今まで随所に書いてきました。

例えば「d.ある種の思考のカテゴリーにある種の思考(のカテゴリー)や感情が設定してある。」の例としては「<325> 躊躇させる、良心の呵責・罪悪感を感じさせるマインドコントロール」が挙げられます。

また、ほかに「d.」の例としては「すべての思考は○○○に通ず。」「見るもの聞くもの○○○であると考えてしまうような思考回路に設定してある。」や

<330>の

『(1)相手の表情、態度、視線、言葉、態度、行動の1つ1つを悪意があると被害者が解釈するようにマインドコントロールする。

(2)相手に対して悪意を持って考えるように、その結果被害者が相手に対して、悪意に満ちた表情、態度、視線、言葉、態度、行動をするようにマインドコントロールする。』

などもです。

そして、このdの例さえも「たった2~3例だけ」と言えるほど多種多様なマインドコントロールが設定してある、電磁波機器に入ってしまっていると言えるようです。

電磁波機器というものができてから、数十年間、「被害者」と認識できない種類の実験まで含めると一体どれほど多くの人達がターゲットになったのか。

〔2〕人間の脳を膨大な容量・最高の機能を備えたスパコンのような利用の仕方もできる。その結果人間の脳に対して設定だけでなく、編集も変換も検索も、思考や記憶のブロック、ほかに多種の事ができる。

ライフログの悪用もしているが、多くの人間のライフログを保存するよりは、その人自身の脳自体にライフログが保存してあるため、その人間の脳を検索すれば充分である。

人体は脳も含めて電気回路のようなものであり、特に脳はコンピューターのようなものですから、というより人間の脳の一部の機能を機械化したものがコンピューターでもありますから可能でしょう。

また、これができれば大分前に書いたある被害者の被害例「自分の思考をアレンジしたような音声が聞こえる。」という犯罪も可能でしょう。

「被害者の思考・知識・記憶を利用して理由付けをする(被害者自身に理由付けをさせる)。」や前に書いた「次の思考を誘発・抽出するキーワード」も検索機能に似たような機能でしょう。

1つの事柄についてあきれるほど多くの嘘や正反対の言葉や文章を言うこともできるし、1つ1つの事柄、多くの事柄について次から次へと嘘や正反対の言葉や文章を言うことができるようです。しかも瞬時に多数です。人間の能力ではとても無理なほどです。これは瞬時に「嘘変換」「正反対な言葉に変換」ができるからでしょう。

これらの例を書くまでもないほど毎日1日中「人間の脳をコンピューターに見立てたような、人間の脳に対する設定・変換・編集・検索・ブロック他多くのことができる。」ことを実感するような犯罪をしています。例は書ききれないほどです。

|

« <331> 犯人像の仕立て上げ | トップページ | <333> 機器の機能の一部 (2) »