« <276>統合失調症との識別(8) | トップページ | <278> 統合失調症との識別(10) »

2006年1月19日 (木)

<277> 統合失調症との識別(9)

名前:コスモス22投稿日:2004/09/27(月) 21:10

私は精神科や神経科を受診したことも、統合失調症の薬を飲んだこともありませんが
この犯罪の被害者は皆、口をそろえて
「精神病院へ行ってはいけない。」「薬を飲んではいけない。」と言います。

①犯人達が、それぞれの症状を仕立て上げて
まるでその病気であるかのような「症状を取り揃えている」だけの上に
(症状で苦しみ)
②病院に行き統合失調症だと診断され
(精神病であると診断されたショックと悲しみを本人も周囲の人達も味わい)
③家族からも職場からも地域社会の周囲からも精神病のレッテルを貼られ、そのような目で見られ続け
また、家族には同じ家庭内に精神病患者がいるという悲しみと苦しみを与えることにもなり
④薬を飲んでも犯人がその症状を軽減させず
⑤入院生活を強いられたり
⑥治療さえも苦痛な治療をされ
⑦それでも副作用だけ強くなり、更にそれによって苦しむ。
言い換えれば、電磁波攻撃で副作用だけは強くなったような
何重もの不幸の追い打ちをかけるような「仕立て上げ」までされる。

この何重もの苦痛を味わう結果になるだけだから
皆、力説するのでしょう。

|

« <276>統合失調症との識別(8) | トップページ | <278> 統合失調症との識別(10) »