« <215> 「『犯罪マシーン』をつくることができる犯罪があります」 | トップページ | <217> マインドコントロールに対する自信の表れか。(1) »

2005年8月12日 (金)

<216> 特定感覚を伴わせることと脳乗っ取りのトリック

①マインドコントロールなどの電磁波犯罪を受けていると自覚をさせるように耳鳴り、頭のしびれ感を伴わせる。
②記憶の消去をされるとき何かが頭から吸い取られるような感覚を伴わせる。
③思考を送信されたとき「フッ」「ヒュッ」と脳裡に浮かばせられたような感覚を伴わせる。
④被害者になりすまして被害者の声色で攻撃するとき、その被害者の人格が漂っているような感覚を伴わせる。

かといって、①②③④の感覚があるときだけがその犯罪をされているとは限りません。
その感覚を伴わせずに犯罪することもあります。

反対に
『③思考を送信されたとき「フッ」「ヒュッ」と脳裡に浮かばせられたような感覚を伴わせる。』
これを繰り返して、被害者にそう思い込ませ
被害者自身の思考にさえ同様の感覚を伴わせる事を始めます。
被害者に「今の思考さえも犯人が送ってきた思考なのかしら。」と勘違いさせるためにです。

これが何度か書いている
『この犯罪は他者が乗り移っていると思えるほどの犯罪が出来る。

乗り移っていると思えるほど思考も感情も行動も情報も支配され
とにかく脳を乗っ取られていると思え、思え、思えとばかりに執拗に多種多様のマインドコントロール犯罪をしました。

多くの仕立て上げのトリックやマインドコントロールのテクニックについて気付くと今度はこういうことまでします。

これについても、5~6種のトリックがあるようです。』
のトリックの1つです。

|

« <215> 「『犯罪マシーン』をつくることができる犯罪があります」 | トップページ | <217> マインドコントロールに対する自信の表れか。(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178334/10126255

この記事へのトラックバック一覧です: <216> 特定感覚を伴わせることと脳乗っ取りのトリック:

« <215> 「『犯罪マシーン』をつくることができる犯罪があります」 | トップページ | <217> マインドコントロールに対する自信の表れか。(1) »