« <156> テレコムエンジニアリングセンターにおける電磁波遮蔽空間での状況変化 | トップページ | <158> »

2005年5月16日 (月)

<157>

これは私だけなく、ほかにも体験している人がいるようですが
「テレビ番組が被害者を攻撃しているかのような演出方法」の1つとして
被害者を攻撃するために丁度いい内容の番組があったら
何日(何曜日)の何時からの、そのチャンネルを見るように被害者をマインドコントロールするようです。

また、その番組がほのめかし、嫌がらせを言うのなら

『①この犯人達はターゲットの周囲の人達を思考・感情(表情も)・行動(態度も言葉も)のマインドコントロールして自分達の意図することを言わせたり行動させることが出来る。

⑤また、周囲の人達は本物でも、服装、表情、態度等だけでなく人相までもが幻視(実は別人)であるという状況もつくる事が出来る。

⑦そして、何よりも当人の私をマインド・コントロールして周囲の出来事全てを自分に結びつけて考えさせることが出来る能力を持っている。』

などの方法でしょうけれど
あからさまに被害者を攻撃するのなら

『②また、周囲の人達が何かを言っている行動だけは本物でも、内容は私や我が家のことを知っていたり言ったりしているような幻聴を起こす事が出来る。(人物の映像は本物でも音声が架空のものである場合。)

④ありもしない音や声の幻聴だけ聞かせることが出来る。』

などの方法だと思います。
もっと他にもあるかもしれませんが。

|

« <156> テレコムエンジニアリングセンターにおける電磁波遮蔽空間での状況変化 | トップページ | <158> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178334/10125996

この記事へのトラックバック一覧です: <157>:

« <156> テレコムエンジニアリングセンターにおける電磁波遮蔽空間での状況変化 | トップページ | <158> »