« <160> この犯罪による嗅覚・味覚の送信例 | トップページ | <162> 遠隔犯罪による「集ストの仕立て上げ方法」の多くの種類 »

2005年5月27日 (金)

<161> 「ガスライティング」テクニックによる所有物のわずかな破壊、家具の移動、食物の一部破棄、他

<160>の続きです。

skidmoreさんのHPの掲示板
サイコトロニック・カフェ
「218」からの引用です。

『下記はカナダの地方紙、ハミルトン・スペクテイターに掲載された記事です。原文はhttp://www.multistalkervictims.org/ewpicket.jpgにあります。

エレノア・ホワイトは彼女が集団によるストーキングの犠牲者と呼んでいるものに対する情報とサポートを提供しているウェブサイトのクリエーターである。彼女はバーネスデイル通りを歩きながらメッセージを伝えている。
[ 2004年11月8日]
それは多くの名前で呼ばれている。ギャング・ストーキング、集団ストーキング、集団によるヴィジランティズムというふうに。
「私は長年の間、こういったハラスメントのターゲットでした。全てのハラスメントはきわめて巧妙でそれが生活の中で起きる通常のトラブルであるかのように見えるよう考案されています。」
「彼らはあなたの家具をあちこちに移動させます。彼らはあなたの家具を壊します。彼らはあなたの食物のわずかな一部分を投げ捨てます...あなたの手紙は干渉されます。あなたの電子メールは妨害されます。あなたのコンピューターは絶えず干渉されます。」 』

もうひとつ
カナダの被害者、ライザ・パーカーさんのウェブサイト、electronic harassment(http://www.eharassment.ca/)の日本語版、http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/electronic_harassment_jp.htmからの引用です。

『所有物の破壊:所有物は破壊されます。けれどもそれは他の誰かが見たときに破壊行為であるようには見えない程度に壊されます。このテクニックは「ガスライティング」と呼ばれています。それはここにあるエレノア・ホワイトによる書評の中で描写されています。その目的はターゲティングされた人に対してコストの低い多くの被害を長期間にわたって起こすことです。それは自分を疑わせ、不確実感を与えることによってひとを心理的に蝕みます。 』

|

« <160> この犯罪による嗅覚・味覚の送信例 | トップページ | <162> 遠隔犯罪による「集ストの仕立て上げ方法」の多くの種類 »