« <65> 私のライフログ把握保存期間か | トップページ | <67> 音声送信について »

2005年1月19日 (水)

<66> 見知らぬ他人が全部それぞれ違う知人に見えるという映像送信被害例

この犯人達は
犯行声明なのか、「こんな事も出来るぞ。」という犯罪能力のひけらかしなのか
昨年(2004年)こんな事もしました。

県外の初めて行った市でゆっくり車を運転しているとすれ違う歩行者が次々とそれぞれ違った知人の顔に見えるのです。

再度よく見るとそれぞれ見知らぬ人達でした。

何度も、見知らぬ人達の顔が知人の顔であるかのような映像の錯覚(映像送信)を起こしたようです。

<58> 「サイバーストーカーが引っ越してきて職場の外注のビル清掃業者になったかのような状況の仕立て上げ」を見破る確認方法 (2)
以下の被害も同様の方法だったのでしょう。

「しかも、大分経った昨年の後半になって、掲示板に書き込みをしていたその人のHPを見つけたのですが、撮った角度がそれぞれ違う2~3枚の顔写真を見たら、どれも以前掲示板で見た本人の顔写真にも、勿論清掃業者の人にも、どちらの顔にも似ても似つかないのです。

ストーカーであるかのように仕立て上げ始めていた頃に掲示板で公開になった顔写真を見た私に、清掃業者にそっくりな顔の映像送信をし清掃業者にそっくりであるという錯覚を起こしたようです。
そこまでして、仕立て上げたのです。」

|

« <65> 私のライフログ把握保存期間か | トップページ | <67> 音声送信について »