« <39> 映像送信の悪用 | トップページ | <41> パナウェーヴについて »

2005年1月 9日 (日)

<40> 防御効果があるはずもない物を使用したときに効果があるかのように芝居をする

被害者の中には、他の被害者から見ればそんな方法で電磁波攻撃を防ぐことが出来るはずがないと思えることを犯人達によって信じ込まされている人もいるようです。

これも全ては犯人達の仕業でしょう。

紙・アルミ等の絶縁体他、何かを使用したときにタイミングを合わせて攻撃を故意にやめてみせる。

そうすると被害者はそれが電磁波攻撃のブロックに役に立つと勘違いしてしまいます。

一時的にでも攻撃がやむのなら、それはそれでその人にとっていいことだろうと他の人達は考え黙認しているのでしょう。

|

« <39> 映像送信の悪用 | トップページ | <41> パナウェーヴについて »