« <75> 統合失調症の症状1つ1つ、そして全部の症状をこの犯罪でつくることができる(2) | トップページ | <77> 身体攻撃の比較的特殊な被害例 »

2005年1月30日 (日)

<76> 強迫観念、健忘症、痴呆症の仕立て上げ

自分のHPの掲示板に書いたことをこちらにも書いておきます。

あらゆる種類の強迫観念であるかのような感情と思考のマインドコントロールもできます。下記に書いてある状態全部つくれます。
http://www.npsybt.jp/OCD2.html(「九州大学病院精神科行動療法研究室」)

「次は代表的な強迫観念の例です。自分にどれがあてはまるかチェックしてみましょう

・自分を傷つけてしまうかもしれないという恐れ
・他人を傷つけてしまうかもしれないと言う恐れ
・暴力的な、あるいは恐ろしい考えや場面が頭に浮かんで離れない
・なにか恐ろしいこと(火事、強盗など)がおこると自分が知らぬ間にそういうことをしたのではないかと考える。
・尿や便に関する過剰な心配
・汚れやバイ菌に関する過剰な心配
・有害廃棄物や、放射能に関する過剰な心配
・洗剤に関する過剰な心配
・昆虫・動物に関する過剰な嫌悪
・ねばねばするものを異常に気にする
・汚染されたものをまき散らして他の人を病気にするのではないかという恐れ
・大事なものを捨ててしまうのではないかという恐れ
・善悪や道徳に関する過剰な心配
・物の位置や対称性に関する異常なこだわり
・何でも知り、かつ覚えていなければならないと言う考え
・適切な言葉を使っていないのではないかという心配
・幸運な数、不吉な数に関する過剰ななこだわり
・病気に関する過度の心配
・体の一部や外見に関する異常な心配 」

また、記憶の消去、思考の混乱、思考の停止、思考能力の低下も出来ます。

これらを悪用して健忘症、痴呆症(呼称が「認知症」になるようですが)、痴呆症(認知症)の1つであるアルツハイマーであるかのような仕立て上げもできます。

逆に記憶の想起、しかも犯人が必要とした選択的な記憶の想起や思考の異常な活性化もできます。

|

« <75> 統合失調症の症状1つ1つ、そして全部の症状をこの犯罪でつくることができる(2) | トップページ | <77> 身体攻撃の比較的特殊な被害例 »