« <46> 補足説明3点 | トップページ | <48> PTSDであるかのような状態の仕立て上げ方法 »

2005年1月11日 (火)

<47> 最低2つは連動・付随する犯罪

この犯人達は
①あらゆる家電や家中で音を出す。(テクノロジーで音の幻聴を起こす。音声送信をする。)
②同時に音に対する不安や恐怖や怒りの感情のマインドコントロールをする。時には体が揺れるほど(体を揺らしながら)「ビクン!」「ドキン!」とさせる。

これら①②を同時にしています。

②だけやめることもあります。
あらゆる家電や家中の音だけ立てることも。

また②だけすることもあります。
「またいつものところから音がするのではないか。ビクビク、ドキドキ」という不安と恐怖のマインドコントロールだけすることもあります。

このような方法で統合失調症だけでなく
強迫神経症や鬱病やパニック障害などあらゆる精神・神経学的な病気であるかのような状態をつくることができます。

PTSDの知識がある人になら、①②を少しの間繰り返しただけでも、自分がPTSDになってしまったと勘違いさせることも出来ます。
もちろんいつものように、念を入れて
③「自分はこれ程危機的状況が続いたためにPTSDになってしまった。」という思考を送信することまでして(思考のマインドコントロールまでして)。

|

« <46> 補足説明3点 | トップページ | <48> PTSDであるかのような状態の仕立て上げ方法 »