« <22> 犯罪であるか否か(1) ―他のサイトに立ち上げた掲示板より― | トップページ | <24> この犯罪による攻撃と統合失調症との相違点と問題点 ―他のサイトに立ち上げた掲示板より― »

2005年1月 3日 (月)

<23> 犯罪であるか否か(2) ―他のサイトに立ち上げた掲示板より―

<22>の続きです。

法律がなければ犯罪とは言えないのか。

例えば日本には「スパイ防止法」がないからスパイは犯罪とは言えないのか。
日本には法がないから犯罪として罰や刑を科することができないだけです。
極論を言えば、殺人罪がない国では殺人は犯罪ではないのかということにもなります。
日本にはまだ電磁波による犯罪の法がないだけで<22>に書いたような史上最悪の凶悪犯罪です。

それに、泣き寝入りしたらこの犯罪はどうなるのでしょう。
「闇に紛れて」
「地下に更に潜って」
「更に人知れず」
「全ては自然に起きている出来事であるように。」
ますます被害者を増やしていくでしょうね。

いえ、それどころか、みんな泣き寝入りをするだけだ、泣き寝入り以外しないと分かったら、もっともっと派手に大きな顔をして散々するかもしれませんよ。

かと言って、決定的に有効な手段は当面見あたりませんし
あったとしても方法を考えないと危険ですが。

それから、この犯罪から逃げる方法があるのでしょうか。
世界中のどこにいても届くこの電磁波なり、超音波なり
いずれからでも逃げる方法があったら教えてください。

法律がなければ、この犯罪の社会的認知と周知、ひいては立法化をする活動もしていかなければなりません。

|

« <22> 犯罪であるか否か(1) ―他のサイトに立ち上げた掲示板より― | トップページ | <24> この犯罪による攻撃と統合失調症との相違点と問題点 ―他のサイトに立ち上げた掲示板より― »