« <1>  当分の間は他のサイトの掲示板に書いた投稿です | トップページ | <3> 架空の映像や臭いの送信被害と集スト被害 »

2004年12月17日 (金)

<2> すべてはテクノロジーによる「架空の状況の仕立てあげ」だった。

私は3年以上電磁波などによる犯罪の被害にあっている者の1人です。
最初、あるプロバイダの掲示板に、まるで我が家に盗聴器やカメラを取り付けて我が家のことを見て知っているような書き込みから始まりました。

3年の間にはここには書ききれないほどたくさんのことがありましたが、明らかな犯罪が始まって数ヶ月後、周囲の人全てが我が家のことを知っていたり、言ったり、私の考えていることがわかっているような状態が続きました。
要するに「サトラレ」状態を作り上げられたのです。
この犯人にはテクノロジーにより人為的に幻視を見せたり、幻聴を起こしたり、周囲の人をマインドコントロールして自分の意図することを言わせることが出来る。
何よりも当人の私をマインド・コントロールして
周囲の出来事全てを自分に結びつけて考えさせることが出来る能力を持っているとわかった時点からその犯罪はやめました。

カメラや盗聴器があるわけでなくテクノロジーによって「透視能力」「テレパシー」のような能力があり、カメラや盗聴器があるような状況を散々作り上げていただけだと気付いた時点からそれらがある振りをする種々の仕立て上げ犯罪はやめました。

どちらも気付かれてはできなくなってしまったのでしょう。

また、3年間の様々な犯罪は特殊な電磁波・超音波を出す機器やシステムさえあればできることは2004年6月頃知りました。

|

« <1>  当分の間は他のサイトの掲示板に書いた投稿です | トップページ | <3> 架空の映像や臭いの送信被害と集スト被害 »